株・先物

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)を1年間継続購読した感想

2020年2月22日

  1. ホーム >
  2. 株・先物 >

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)を1年間継続購読した感想

2020年2月22日

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析ってどうなの?購入してもいい?

そういった疑問に私が1年間継続購読した経験を紹介していきます。

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)とは

ラリーTVとは、ラリー・ウィリアムズ氏から最新の市場分析とトレード戦略を毎週動画とレポートで配信されるサービスです。

配信される情報は、株式、債券、通貨、コモディティ(貴金属、穀物、エネルギー)などです。

ラリー・ウィリアムズとは

ラリー・ウィリアムズ氏はアメリカの有名なトレーダーで、1987年のロビンスカップで1万ドルを114万ドルにし、驚異的なリターンを出し優勝して、世界のトレーダーの中で一躍その名をとどろかせました。

今だにその記録は破られていません。

また、NFA(全米先物協会)の理事を務め、モンタナ州から上院議員選挙に2度出馬しています。

多くのオリジナルな投資手法を発案していて、チャート分析に使用するインジケーターではウィリアムズ%R(W%R)が有名です。

また、著書も多く出されています。

そして娘のミシェル・ウィリアムズ氏は、ハリウッド女優としてアカデミー賞やゴールデングローブ賞に何度もノミネートされている有名な女優です。

『マリリンの7日間の恋』でゴールデングローブ賞を受賞しています。そして父の投資手法を用いて1997年のロビンスカップで約10倍のリターンを出して優勝しています。

そもそも私がラリー氏の名前を知ったのは、私がよく参考にしている石原順氏や相場師郎氏などの日本の有名なトレーダーがよくラリー氏の名前を出し、そのトレードを参考にしていることを知ったところが始まりでした。

ラリー氏のトレーダーへの影響力ははかりしれません。

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)のメリット

マーケット分析とトレード戦略

・月初にその月のベストな売買日がわかります【機械的な戦略】

・需給筋のコマーシャルズ(大口投資家)の動きがわかります。【相場の強弱を知る戦略】

・他市場との相関・逆相関関係を用いた将来の動きを予測するフォーキャストライン 【トレンドと転換点を予測する戦略】

・55年以上のトレード経験から発見したトレードパターンの紹介【機械的な戦略】

豊富な提供コンテンツ

【動画配信】

毎回10~15分程度で解説されます。速度調整もできるので倍速にして何度もスマホで見返すこともできます。

【PDFレポート】

動画配信のレポートをPDFでまとめたものになります。これが私にとってはとても重宝しています。

サクッとレポートの中から株式の情報だけ見たい時など、動画だとそのポイントにあわせるのが難しいですが、レポートだとスクロールするだけなのでとても便利です。

私はいつもグーグルドライブに保存して持ち歩いています。

【専用サイト】

動画・PDFレポートを確認できます。

また、多くのオリジナルの手法やスペシャルレポートを解説している記事があり、勉強したい時に役立ちます。

【成田博之氏ブログでフォロー】

ラリーTVの日本語訳をしている成田博之氏の会員専用ブログの閲覧権利をもらえます。

リアルタイムで動きがあればその都度更新されていくので、週末のラリーTVの配信を待つ前に、週の途中で戦略の見直しができます。

個人的には一人で考察するよりも週半ばで成田氏のブログと確認しながら検討していけるのでこれがとても役立っています。

【ツイッター】

成田博之氏によるラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析の情報やブログの情報をリアルタイムで配信しています。

ラリーTVのメリットまとめ

動画やPDFレポート、成田博之氏のブログ等によるフォロー体制など豊富な提供コンテンツがあり、さらに日本ではあまり見られないラリー氏のオリジナルの手法を学べることから、利益とスキルアップの両方を得られる内容となっています。

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)のデメリット

トレードスタイル的には数日から数週間の動きを分析して戦略を練っていくことが多いのでスイングトレード向きになっています。

月の中でベストな売買日を指定するトレードは短期的な手法ですが、それでも最低2日は保有することになります。

そのため、スキャルピングやデイトレード的な短期のトレード向けではありません。

あと気になるのがラリー・ウィリアムズ氏の年齢(1942年10月6日)です。

トレード歴55年以上というだけあって、年齢は78歳になります。

毎週分析して、多くの金融商品の戦略を動画配信していくのは、いくら好きであってもエネルギーを要すると思います。

体調管理などもあるので今後どれだけ配信を続けられるかわからないという点が心配です。

まとめ ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)の結論

ラリーTVの結論は、買いです。

定期継続購読で1年間利用しましたが、毎週確実に配信され、高水準のレベルのレポートを安定的に配信されるので、とても参考になります。

また、成田博之氏のブログも随時更新されるため、相場の急変や予測していなかった事態にもすぐにフォローコメントがデータとともに配信されるので、不安になることもないです。

私はラリーTVを始めたおかげで過去5年のトレード損益の中で2019年は一番高い利益率を出すことができました。

ラリー氏が配信しつづける限り購読していこうと思っています。

そしてラリーTVは、スイングトレード向きなので、時間のないサラリーマンや兼業トレーダーにも合う手法ですし、日本ではあまり見られないオリジナルな手法が多くあるので初心者から上級者まで活用できる内容となっています。

 

 

 

-株・先物

Copyright© イズル式エグジットトレード , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.